ギャンブル好きでつい軽い気持ちで借金地獄に落ちた

大学生の頃に同級生が、未成年なのにパチンコや競馬などのギャンブルの話をしていて、ギャンブルなんてほとんど勝てないのにバカだなと思って聞いてました。

大学を卒業して社会人になってからも、ギャンブルを一切やっていなかったんですが、同僚からパチンコに誘われて人生初めてのパチンコをやると、ビギナーズラックで20万円近く勝ちました。

パチンコで勝った時の快感が忘れられなくなって、もう一度あの快感を味わいたくなって、いつの間にか週末にパチンコを始めました。週末だけやっていたパチンコが会社帰りの平日にもやるようになって、さらに勝つために投資額も増えて行きました。

そんな生活を1年ぐらい続けているうちに、とうとうこれまで貯めた貯金を使い切りました。貯金が無くなって公開してパチンコを止めようと決心しましたが、始めに勝ったあの快感の夢を毎日見るようになって、消費者金融からカードローンで借金を始めました。

それからは、仕事中でもパチンコが気になって仕事が集中できなくなって、会社を早退して消費者金融で借金を重ねて、毎日パチンコを打ち続けました。いつの間にか消費者金融の借金の限度額まで借りて借りれなくなって、借金を返すために別の消費者金融からお金を借りる借金地獄に陥りました。

借金返せないナビ

返済に苦労した借金の内容。

一口に借金と言ってもマイカーやマイホームなど高額な物から、生活費に困ってカードローンやキャッシングなど比較的少ない金額を何回も繰り返す事もあります。

私もカーローンやマイホームローンと少額のキャッシングも経験があり、高額のローンは口座から毎月勝手に引き落とされるので苦労はなかったのですが、キャッシングで作った借金の返済には苦労しました。

きっかけはギャンブルで1円パチンコと言う比較的少額でも遊べるパチンコで負けてしまい、生活費に困った事から消費者金融と契約してカードを作ったのです。

給料からお小遣い制度でもらっていた為に妻にギャンブルで負けたから貸して欲しいとも言いだせずに、誰にも分からないと思いカードを作ったのですが、最初は1万円程度の借金で勝った時に返済していました。

しばらくは借入と完済の繰り返しで借金が増える事も無かったのですが、ある時期に負けが続いてしまい気が付けば借入額が10万を超えてしまったのです。

このままギャンブルで作った借金をギャンブルで返済するのは無理だと思い、妻にも言い出せずに悩んでいましたが結果としてギャンブルはやめて、小遣いから返済する為にタバコやアルコールも我慢する事にして返済を続けました。

返済中は我慢の連続で大変苦労したのですが、なんとか完済出来たのでよかったものの、借金は計画的にしないと本当に苦労すると身に染みて分かったのです。

個人再生のまとめ

闇金からの借金

ある日、突然自分の職場に金融業者を名乗る男から電話がかかってきました。最初は何のことを言っているのかわからなかったのですが、自分の身内が借金をしていた事実を知ったのです。しかもその相手は闇金と呼ばれる人達でした。

何度も職場に連絡がかかってくること、事実がよくわからないのに関わらずお金を返せと言われることなど、仕事中なので人に迷惑がかかるとすぐさま早退し、自宅に帰り事実を確認しました。身内に事の詳細を確認すると、闇金に3万円借りたことがわかりました。

そのついでに多額の借金を消費者金融にしていることも知り、同じ家に住んでいるのに全く気付かなかったことに驚きを隠せませんでした。

返済するしないに限らず、職場にまで連絡をしてくる業者の対応策としてすぐに弁護士に相談をし、返済できるレベルではないことから債務整理のプロセスを歩むことになってしまったのです。

弁護士を通して業者との話し合いはしましたが、それまで来なかったDMが自宅にかなり届くようになったり、何度か自宅にまで連絡がくるようなことがあり、借金をすることがこれほど怖いことなのだと知りました。今回は自分ではなく身内の借金でしたが、お金を借りることの意味を改めて考える切っ掛けになりました。