任意売却とは?そのメリットは?

一生で一番高い買い物であるとも言えるマイホームを手に入れても、何かしらの事情で住宅ローンや借入金などの返済が困難になってしまう場合もあります。一般的に住宅ローンを滞納してしまうと債務者がローンを分割で返済する権利は失効してしまうのです。そうすると、お金を融資した銀行などの金融機関は残っている住宅ローンの全額の一括返済すを求めることが可能になります。

 

当然そのような返済は困難なために、残った債務を一括で返済できない場合には金融機関の担保となっている自宅が強制的に売却されて、その売上代金から貸したお金を回収しようとする流れになるのです。これがいわゆる競売であり、競売による不動産の売却は現金化に時間がかかったり、市場価格より安くなるデメリットもあります。

 

任意売却は住宅ローンの借入金の返済が困難になった場合に、売った後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売ることが可能なシステムになります。不動産会社など第三者の専門機関が債務者と債権者の間に入って調整を行い、市場で一般の不動産取引に近い形で不動産の販売を進めていく形になるのです。

 

このシステムを利用することで、競売による強制的な売却方法で安く売られることを避けて、一般不動産と同様の販売方法が採られるために、市場価格に近い値段で取引を行う事が可能になります。競売の場合は近隣住民や周囲の人にその状況を知られてしまう可能性も高くなったり、引き渡しの時期も一方的に通告されてしまいますが、任意売却であればプラバシーの保護が守られて、引き渡し時期も相談を行いながら進めて行く事が可能になるのです。

 

その他にも任意売却のメリットとしてあげられるポイントは、売却にかかる経費を自宅を売却したお金から支払うことが認められている点にあります。一般的には不動産売却を行う際には仲介手数料や登記料などの諸経費が発生します。その諸経費を売却によって得たお金から支払うことが認められているために、苦しい状況の中で更なる持ち出し費用がかかる負担も無いのです。