任意売却の基本を学ぶ

任意売却とは、住宅を任意に売却することを意味しますが、この時の背景を知っておくと全体像をとらえることができます。まず、任意売却の状態になるためには住宅ローンを組んでいることが重要になります。住宅ローンも、通常審査をするときに金融機関の方で返済することが可能な金額しか貸すことはありません。ですが、住宅ローンを組んでいる人の中でもおよそ10人に1人は返済ができなくなる可能性があります。

 

例えば、審査をした時には会社勤めをしていても途中で病気になったりすることで収入がなくなることも考えられます。また、会社をリストラされたり大幅にボーナスがカットされた場合は返済する可能性が限りなく低くなるでしょう。

 

通常の住宅ローンは、1カ月から2カ月程度滞納しても延滞損害金がかかる程度でそれほど致命傷にはなりませんが、3カ月以上滞納してしまうと一括請求されることがあります。通常一括請求される場合には、将来支払われるはずのローンの全額を請求されることになりますので返済できない可能性がかなり高いです。

 

もしそのまま支払うことができなければ、裁判所が介入してきて競売手続きに入ります。競売手続きのデメリットは、落札される金額が通常の売買に比べて低いことです。落札される金額が少ないと、住宅がなくなるだけでなく借金が十分に返済できない可能性が高くなり住宅の所有者にとってはメリットはあまりありません。

 

そこで、任意売却をすることで住宅を高く売却することができるようになります。任意売却をするためには保証会社が必要で、保証会社は債務者の代わりにお金を払ってくれるのが特徴になります。当然債務者は保証会社に対してその分のお金を返済しなければなりませんが、競売よりはメリットが多いです。